女の人

桐ヶ谷斎場はアクセスが便利┃宗教や葬儀の形式を問わない

お墓の問題を解決

線香

将来を見据えた対策

永代供養は、さまざまな事情でお墓を持てない人のために、寺院が代わって永代に渡り供養をしてくれる行いです。一般的に人が亡くなるとお墓に納骨をしていきますが、お墓の後継者がいない場合や将来が心配な人が目立つようになりました。そういう人たちが安心した将来を求めるために、生前から永代供養を希望する人が増えてきたのです。また、お墓に対する価値観の変化も、少なからず永代供養に対する関心に影響しています。全国にある寺院では、こういった背景から永代供養を積極的に行うところが増えてきました。永代供養は昔から行われてはいましたが、その規模が今ではかなり拡大しています。寺院に直接依頼ができる他、葬儀社を通しても紹介してくれる場合もあります。将来を考えて生前に予約を行う人も多く、寺院や葬儀社でも現場の見学や説明会などを行うようになってきたのです。

種類や宗派

永代供養では、その種類は合同墓や個人の墓にわかれます。合同墓は、個人の遺骨を合同で葬り供養していきます。そのため大きな墓になりますが、スペースが広いのでたくさんの遺骨が納められます。そして、個人の墓ではいろいろな形があり、お墓の形をしたものから、コンパクトな仏壇のような形もあります。そこに個人または夫婦で納めることができ、合同墓と比べて費用も少々高くなります。こういったお墓は、室外だけでなく室内にも設けられています。室内の場合は、お参りに来た人が雨風に打たれる心配もないので便利な点もあります。基本的に永代供養では定期的に供養が行われ、どういった形で行われるかは寺院によってさまざまです。そして、宗派は寺院によって異なりますが、宗派に関係なく受け入れを行っているところも少なくありません。いろいろな情報収集を活かしながら、慎重に考えていく必要があります。